FX

トランプ大統領が面白いので解説します

トランプ大統領が面白すぎるので解説します。

こんにちはカズ係長です。

今日はトランプ大統領が「選挙モード」に入ってて面白すぎるので色々と解説します。

トランプは大統領に再選されるの間違いないのでトランプのクセとか、任期は投資家の方々は色々知っとくべきですね。

でね。

4年前の2017年の1月20日にアメリカの45代目の大統領に就任した共和党のドナルド・トランプなんですが。。

就任してからパンチ効いた発言で世界を騒がせてくれてますよね。。

あと最近選挙モードに入ったのが手にとるようにわかるんですよね。

まー選挙近いからしゃーなしなんだけど(・∀・)

だったら空爆なんてすんなよ。って思いますが、、。。笑

それについてはね。。

イランがイラクの米国基地にミサイル攻撃をしたんですが、Twitterではトランプも厳しく対応するって意向だったにもかかわらず。

声明では落ち着いてましたね。

「軍事力は行使するつもりはない!」と。それで米ドルは爆上げでした。

トランプは再選される可能性が高いので、投資家はトランプのクセを知る必要があります。

まずアメリカ合衆国憲法規程でアメリカ大統領の任期は1期あたり4年間となっています。

アメリカは同じ人物が2期を超えて大統領に選出されてはいけない。って決まりがあるんで。

1期=4年

最大で2期=8年

まあオリンピックと同じ周期ですね!!

トランプが就任したのが、4年前の1月20日なので、任期は2021年1月20日までとなります。

もしかしてもしかしてだけど〜次の大統領選にトランプが再選された場合は2025年1月20日まで米国の大統領として君臨することになります。

はい。再選されます。!!

トランプって自己承認欲求が強いとも日本メデイアで言われてますが、本当にそう思います。

「中国との合意は私に権限がある」とか投資家の方なら大半くらってると思いますが、「中国と良い電話会談をした」とかの虚偽だったりするTwitterのトランプ砲。

上昇トレンドから一揆に暴落させる力があります。( ̄∀ ̄)

少なからず自分の一声で世界の株価が大きく変動することに、自己承認欲を満たしている側面もあると感じます。

 

昨年の相場もレンジが続くランダムウォークなチャート歩きだったんですが、今年は選挙モードに入っており、例年よりも支持率を高める動きをするため、1方向のトレンドが出やすいのでは?!と予想しています。

あとトランプ大統領は今年再選されます。

ほぼ間違いないと思う。

アメリカは現職大統領が再選されやすいんです。

米国大統領は第二次世界対戦後に11人の現職大統領が再選挙に臨んで11人中8人が再選されているんです。

現職大統領の再選の可能性は80パーセント以上!

これまでに出馬表明している人のジュリアン・カストロ、リチャード・オジエダ、カマラハリスなど。。

うんうん。誰やねん!?って感じで競合の知名度は低いですね。

アメリカ人って 「オービュ!」みたいにオーバーリアクションでスパイスが効いてるものが好きなので。。

ヒラリークリントン前大統領候補やバイデン元副大統領の出馬が取り出されているが「新鮮さがない」との声も強いんですね。

1月10日の雇用統計は無風でした。来週から110円の大台を試す展開もあるでしょうが、突発的に中東リスクで暴落する懸念もあります。

来週からも上だとは思うけど、すぐ利確すること。

テクニカルでは200日移動平均線、 一目均衡表転換線、ボリンジャーミッドバンド全てこしてる。危ない感じです。

goodluck

 

 

とにかく強い。こうゆう大きく上げたあとの暴落はマジでやばいっす。

ABOUT ME
kazukakaricho
会社員として働いています。 自分で稼ぐ方法や正しい資産運用の知識を ブログで公開し、人生のプラスになるような情報の発信を心掛けています。