未分類

借金の経験は人生の財産になった話




借金の経験は人生の財産になった話

僕は20歳で投資を始めたので、30万を溶かすって経験を何回か繰り返しました。あと若い頃に借金もしました。

今思えば、元手資金を10回飛ばしても300万なので..大したことはないんですが、借金から得た経験は人生の財産になっています。

まず結論から言うと借金をしての、投資はオススメはできません。
理由は負けやすくなるからです。

 

「投資は余裕資金」という言葉は有名ですが、あの言葉の意味は生活費に使ったり、借り入れで返済期日がある金を運用すると、期限までにポジション決済しないといけないので、トレードに不必要な負荷がかかります!ってこと。

借りてる金を運用すると、早く返済したくて、トレードでも大きく勝とうとするため、
無理なレバレッジを張りガチですね。

借金と投資の組み合わせは負のスパイラルが起きやすくなります。

こんな発信をすると「借金するやつはバカ」と罵る輩が湧きますが、借金をしたことない人が、ただ無意味に借金を否定してるのは微妙だなと思います。

「あー借金の経験がないんだ」良い子で過ごしましたね。と僕は思ってしまいます。
借金もしたことがないのか、、とつまらなく思えてしまう自分もいます。

 

同じ職業で同じ年齢で、借金400万の人と普通にコツコツやってる人と皆さんはどちらの人と話したいですか?

借金を美化するつもりはありませんが、ある堀江貴文さんの言葉をかりたいと思います。

 

「行動するバカになりなさい。」という言葉です。

世の中にはバカと行動するバカと小利口な人がいて
稼げる順番だと行動するバカバカ小利口みたいな順番みたいです。

きっと借金をしたことない人は「じっくり考えて行動する小利口」です。

 

まず僕の動画見てる人は金持ちなりたいと思ってる人しか正直見てないと思うんですよ。。
だから行動起こす側の人だと思います。行動を起こす人は稼げるようになると思います。

バカだから同じことを何回もしてしまって、最終的に当たるって考え方は「投資を辞めなければ最後に勝つ」に似てる部分はありますね。

 

 

僕の家族も借金を否定する人でした。
僕は母子家庭で母と祖母に育てられ、「借金と株だけはやるな」と言われ続けました。

祖母の言葉は、苦しいから家も買ウナヨ。住宅ローンはやめておけ。!!!!!!!
常に節約といった感じでした。

僕のお金のマインドが変わったのは一つの書籍との出会いでした。

それは金持ち父さん貧乏父さんです。

「お金は増やすことに使うべき」これは本当で、金持ち父さん貧乏父さんは読むべきですね。自分の中で、お金の基盤となった本でした。

金利が低いならば借金もしたほうが良くて、車などはローンで買い、持ち家は持たないとか、お金には正しい思考があります。

正しいキャッシュフローの中には投資も借金もついてまわるし、お金を学べば投資は必要な作業で正しい借金も存在する事を知ります。

借金はしないほうが良いけど、最終的に金の世界で上に昇ってくる人は借金をしてる気がします。

起業家の資金調達目的の借金は正解で、それ以外は間違った借金!!っていうのが世の考え方。。ですよね、、、

なんでも行動するには初動でお金がいります。
起業、投資、自己研磨、全てにお金は必要で、まず『貯める作業』をするか、『借りてリスク背負って早く動くか』で僕は借りて早く動く側の人でした。

「金を借りる→挑戦して失敗する→もう借りれない。」
ここで初めて現実と直面します。

 ここまでくると( *´艸`)
・死にたい。終わった。
・もう金利だけ払って俺なにしてんだ。
・バレたらどうしよう。

となります。

対策

・おまとめをローンして、借り換えをする。年収くらい借りれます。
・任意整理が最終手段かな。。会社員の個人再生は非現実的。

少し気持ちの話になりますが、「借金生活の中で返済をする過程さえも、後悔より財産であれ」と思います。

 借金から得たものは
・お金がない苦しみを知る。
・24時間頭から離れない苦悩を心に刻む。
・狂っていた金銭感覚が正常化する。

自分が思うことは友人や親からは借りず、誰かに『貸してくれ』とも言わないほうが良いです。
任意整理しても副業で返して、家族を傷つけないなら意味あるお金だし、自分の中だけで終われない借金になった時、それが始めて、後悔する借金です。




ABOUT ME
カズ係長
株と為替の取引してるオッサン。トータル年収1千万超えたブロガー兼YouTuber。FX専門雑誌掲載やセミナー講師もやっとります。自分で稼ぐ方法や資産運用の知識など「人生のプラス」になるような情報発信を心掛けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です