未分類

借金を肯定できる層は成功した人だけな話

借金を肯定できる層は成功した人で、成功の結果がある人が初めて借金を肯定的に話せる。

会社経営者やお金持ちが借金を肯定的に話しているのを見た時って、やっぱ成功したから言えるんだよなって思います。

会社員の借金と起業家の借金はまったく別物だと思ってるんですよね。

 

起業家のマネーマインドを一般的な会社員が真に受けると痛い目をみると思います。

 

金銭感覚は庶民派で、お金がたくさんある時が幸せであり借金を肯定できるのは成功した人だけだと自分は思います。

 

お金持ちが、さらにお金を稼ぐ事はそんなに難しくはない。

投資する元手資金や不動産や人脈のコネクションがあり、稼ぐ選択肢も豊富です。

 

少額からお金持ちになるには、短期トレードで成功するかビジネスで成功するかの二択です。

良いお金の飼い主を目指すなら、正しいお金の知識とお金の交渉力は必要です。

家や車などの購入や結婚式など、高額なやり取りをする事は会社員でもあります。

高い物を安く買ったり、安い物を高く売ったりの交渉をして、将来的に価値のある物を選ぶ、それは大切な事だと思います。

 

お金の交渉はどんな事を意識すれば良いのでしょうか?

タイミング→競わせる→交渉する→切り札のスパイラルで成り立っていると思っています。




 

まずタイミングとは、適した時期を選ぶ事ですね。

車で例えれば「企業決算」の時です。

企業は決算の時期だと数字が欲しいので、通常より安めの値段で売ってくれます。

安く売ってもらえる、高く買ってもらえるタイミングを意識しましょう。

競わせるとはライバルを作って、うちの会社の方が高く買いますよ!安く売りますよ!などと競わせるという事です。

競いがなければ、セールスマンにも余裕ができますし相手も強気です。

交渉術は人それぞれだったりしますが、僕は下から目線という言葉をお金の交渉をする時には大切にしています。

人と接したり、お金の交渉をしたりする時は相手に対して下から下から交渉を進めていくほうが、相手の出方だったり、顔色だったりの心理的な情報を瞬間的に得やすく、相手の事がよく分かります。

 

自分がへりくだると上から接する人なのか、同じように下から接する人なのか、お金の交渉ですから相手とは心理の読み合いです。

 

ぶっちゃけ相手の営業マンに、この客なら高く買ったり、安く売ったりをしてあげてもいいなと思わせるだけで十分に有利です。

切り札は新しい情報を収集しておき、明確な根拠を元に交渉の最終決定をさせる行動です。

 

事前に情報収集をして知識をつけておき、目標額は交渉に入る前に決めておきます。

「今日は買う気はなかったけど、この額にしてくれるなら契約するよ。今日でないと無理です」

切り札を使う時は、時間を明確に区切り、条件を提示した上で相手に決定させます。

最終的な額は自分で考えて事前にイメージをしておきましょう。

 

お金の交渉は最終的なゴールを自分の中で明確にイメージしてから臨むべきです。

大切な事は目標額を決めておいてから交渉に臨む事ですね。

 

未来は会社員の数が減って行くと思う。

今は昔と違ってインターネットで頭の良い人達が情報を発信し、世の中を変えていってしまっています。

フリーランスの人間も増えて会社員との給料格差が今後開くと思います。

年功序列の関係は守って欲しいけど、頭の良い人がフリーで仕事をして、情報を先取るのが主流になり会社員が低く見られる時代が来そうで本当に怖いなと感じます。

 

「まだ会社員やってるの?」って言われてしまう時代が割と近いうちに来ると思う。

それは、頭の良い行動力のあるフリーランスの人が稼げる時代だからです。

最速で金持ちになるにはどうすれば良いのか?

 

今や日本の銀行の金利は0.001%、もはや預けておくメリットがあまり感じられない。

労働により生み出す富は、投資の運用による富を越える事はないという考え方があります。

 

銀行に入れとくお金は、必要最低限にして労働で稼いだ多くの資金を投資に回すという事です。

 

投資の作業→労働→運用→貯金

1日24時間の中で、チャンスを見つけてエントリー決済までを行うデイトレードは、損切りラインも明確に決めて、機械的に行う「作業」と、チャートを分析する中で長時間画面と向き合う「労働」が必要になります。

 

サポートラインを意識して損切り入れとくか、下がってもロスカットされない資金管理にするかの、どちらかになります。

投資の世界は…プロの機関だったりヘッジファンドの大口だったり、知識を物凄く持ってる人達と同じ土俵で戦うことになります。

 

「資産が多くないと稼げないよ」とか「個人が微々たる資金で参入しても、期待する程、稼げないし元手を飛ばすよ」とか投資をした経験のない人は労働して稼ぎなさいと言うんです。

投資も労働だけどなっとは思います。

 

資金量についてですが、お金があればあるほど有利です。

投資もお金を持ってる人のほうが有利でお金を増やせる確率が高いのも事実です。

お金が増えれば増えるほど、お金を稼ぐ難易度がイージー化するって思っています。

難しいのは小さい資金からお金を大きくするという

過程で、それが一番難しく多くの人が越えられない壁なんです。

 

ベンチャー企業のエリート社員とかで給料をたくさん稼いでる人や、保険や不動産の営業で毎月お金をたくさん貰えてる人も資産運用を知らずに金銭感覚が狂って散財してしまえば… 長期的に見てオワコンです。

 

お金を毎月たくさんもらっても、投資スキルがないと人生のゴールの不労所得へはたどり着きにくいんです。

 

貯金を減らして生活するのではなく、お金がお金を生む、お金に働かせる考え方ですね。

 

投資スキルのない人がFXなんて知らなければいいって話でもありますが、会社員として一般的な人生になります。

 

生涯投資家を名乗るならば、ストイックに投資を勉強して、時代の流れや相場が変わっても正解のトレード方法を見つけ出して、様々な相場で稼ぐ技術が必要です。

 

会社員としての給料以外に、何か稼げる技術を身につけて、より多くの資金を投資に回すようにしたいです。

 

ABOUT ME
カズ係長
株と為替の取引してるオッサン。トータル年収1千万超えたブロガー兼YouTuber。FX専門雑誌掲載やセミナー講師もやっとります。自分で稼ぐ方法や資産運用の知識など「人生のプラス」になるような情報発信を心掛けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です