未分類

FXで勝てる人は負けた時を想定している。【含み損への対応策】

FXで勝てる人は負けることを想定している。




「下がるだろうとショートしたら上がった」
「上がるだろうとロングしたら下がった」

想定した動きと逆にレートが走ることはよくありますし、投資を続けるなら、今後何回も経験することかと思います。

スキャルピングやデイトレードの短い時間の取引、スイングトレードなどの中期間の取引、どの期間でトレードをしたとしても値動きを読み、上がるのか下がるのかを100%当てるのは無理なことで、どれだけ研究をしても、確実に未来を当てることはできません。

僕はエントリーしてから、画面に含み損が発生するのは見慣れましたが、初心者の頃は含み損に、どう対応すれば良いか分からず、パニックになることもしばしばありました。

以前は想定した値動きと反対方向に値が動いた時に自分で対策が考えれなかったけど、今はエントリー前に「予想と反対にいったらこうする」と含み損に対する考えと対応策を常に持っています。

その対策は相場状況やトレンド、保有ポジションのloTに合わせて、日々変わります。

上級トレーダーほど、エントリー後の対策に関しては同じ事を言ってますね。

前は勝ったら何かを買いたい!旅行に行きたい!とか勝った時のことばかり考えてましたが、今は違います。

負けて退場しないように!こればかりです。

フラッシュクラッシュも経験し、起こり得る最悪を想定しています。
最悪が起きても、退場にはならない対策が今はできています。

含み損を放置するトレーダーには遅かれ早かれ退場する日がくる。




含み損が膨らんで、ただハラハラ画面を見てることしかできない。

僕もそういった経験が何度もありますが、損失を想定できずに、手に汗握るトレードはうまくいかないです。

待ってれば元に戻るだろうと思って、放置はせず資金管理の中でナンピンするか、資金量に応じて失って良い金額までを計算しロスカットラインを引く。

例えば下降トレンドなら、売りで持って放置していても、多少トレンドラインの中で反発して値動きが上がっても、また下がる確率が高いです。

ただトレンドの変換もあり、下降トレンドが続くとは限りませんし、それは誰にもわからないです。

高いレバレッジではなく、証拠金に余裕があるloTでポジションを保有していても、ずっと損切りをしないスタイルだといつか壁にあたります。

レバ1倍2倍なんて、会社員の一般のトレーダーがやったらお金稼ぎにはなりません。

レバを上げて、リスク管理の技術を身につけながら取引しましょう。

ポジションの放置は絶対にダメです。
勝ちトレーダーの売買履歴をブログなどで見ていると含み損を持ち続けたりしてる人はいません。

ある程度の位置で決済をしています。

今回のトレードは資金の「10%のリスクでトレードしよう」とか、いくら失って良いか考えるべきで「もう限界耐えれない」で損切りはアウトですね。

ロスカットを引かずに損が見えない、分からないトレードはダメですね。

ポジションを持つ前や持った直後には ロスカットラインは決めましょう。

損切りはいつにするのか?

これに関しては様々な理論があるので、明確にはいえません。




資金量の多い、少ないや、レバレッジの高い人、小さい人、狙う利幅の大きい、小さいで変わります。

トレーダーの条件は、人それぞれなので「10pipsで損切り」とか「10万円まで」とか全ての人に共通では言えないです。

人それぞれロスカットラインは違うと思います。

僕はルールを決めて、機械的に損切りしたほうが良いと言ったことがありますし、YouTuberのカニトレーダーさんも、「ルールを決めて担々麺」と言っています。

まず資金が少なくフルレバレッジのデイトレで戦うなら、機械的な損切りが必要です。

ただ資金量も増えれば、ルールは市場の流れや、トレンドなどで変えていき、相場に応じた戦術のトレードを組み立てた上で、今日は損切りラインはこれくらいにしよう!と決めた内容がルールです。

毎回同じルールが通用したら、全員FXで勝てますよ。

ロスカットラインはpipsか金額か?どちらで決めるのか。

決め方は値幅のpipsで決める人もたくさん居ますが
僕は金額で決めます。

それは毎回lotが変わるのでpipsだと金額に違いが出てきます。

資金量の少ないうちは pipsで決めたほうがシンプルです。

重要指標の発表前は ポジションの整理をしておく。

指標の発表、雇用統計やGDPなど、色々ある経済指標がある中で、毎月第1金曜日に発表の雇用統計は内容により市場が急変します。

指標発表で注意したいのは、スプレッドが急に広がることや、想定以上のレートの動きです。

スプレッドの広がりは小さい値幅で利益を狙うデイトレーダーには痛いです。

僕は初心者の頃スプレッドの開き具合を気にせずエントリーしたり、広がってる早朝に買ったりもしました。今となれば勉強しなさ過ぎだったと反省してます。

スプレッドは売買コストなので、広がれば損です。

重要指標の発表時は大口機関投資家やヘッジファンドの売買もあるので、レートが飛びやすいです。

予定したロスカットラインより下に、すべって約定することもあるので、対策を取りましょう。

基本的には雇用統計などのイベント前はリスク回避
をして、新しいポジションを持たない。
第1金曜日の前夜、木曜までにはポジションを整理する。

雇用統計発表日の午前は売買が静かです。

上がるか下がるかわからないギャンブルトレードは避けましょう。
ポジションも含み益なら利益確定しとくか、含み損なら半分の球数を損切りするかですね。

oco注文を効率よく使う。

指値、逆指値を同時に注文できるので、レートが一瞬大きく動いたときに、利食いのタイミングを逃すことがなくなります。

勝つことはあまり考えず負けたことを考えて、長くFXを続けるために、対策を取りトレードをしていきましょう。



ABOUT ME
カズ係長
株と為替の取引してるオッサン。トータル年収1千万超えたブロガー兼YouTuber。FX専門雑誌掲載やセミナー講師もやっとります。自分で稼ぐ方法や資産運用の知識など「人生のプラス」になるような情報発信を心掛けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です