FX初心者編

FX初心者の方が月利10%(100万円→110万円/月)を目指す為の具体的な方法

FX初心者の方が月利10%(100万円→110万円/月)を目指す為の具体的な方法

今日はFX初心者の方が月利10%(100万円→110万円/月)を目指す為の具体的な方法を書いていきます。

真面目に働くだけでは、お金に困る人生になる。

医療技術の進歩や健康被害の軽減などにより、寿命は年々「長寿化」している現代ですが、喜ばしいことばかりではなく深刻な問題も起きてきています。

 

そう。お金の問題です。


現代の30代〜40代の方は「100歳まで生きる」と言われており、人生80年時代と言われていた頃がすでに懐かしく感じる今日この頃ですが、100歳まで生きると言う事は

 

「老後が異常に長い」ということになりますよね・・。

 

65歳で定年退職をむかえる現代の制度のままいくと、そこから続く35年間の老後を生き抜くためには「お金」という問題が重くのしかかってきます。

 

老後破産するなんて、誰もが絶対イヤですよね。

 

不安を解決するには、収入の柱を増やす。これしか無いと思います。

 

収入の柱を増やす方法は、いわゆる会社以外の副業であったりアフィリエイトや転売などのネットビジネスと呼ばれるものなど、様々な方法があります。

僕は様々な方法の中でも「トレード」を全力で推奨しています。

 

なぜなら「投資スキルは生涯スキル」だからですね。

 

アフィリエイトなどのビジネスを副業にする方法も良いと思いますが、時代によって「稼げる手法」は大きく変わり、ブログがオワコンだとかInstagramの時代だとか、YouTubeが伸びるだとか。

様々なことが、足早に移り変わるのがビジネスの世界で、自力のビジネス1本で生き残っていくのも難しいです。

 

その都度、時代の流れに適応していく必要があるわけですが、トレードの場合は「大切な本質は変わらない」という特徴があるので、一度スキルを身に付けてしまえば生涯に渡って活かせるスキルとなることが大きなメリットです。

もちろんトレードも行いつつ、副業でビジネスも行っていく(複数の収入源を持つ)のがベストかも知れませんが、色々なものに手を出しすぎて中途半端で終わるより、まずは1つ1つ形にしていく事が重要です。

 

僕の場合は「投資」を推奨しているわけですが、その中でも「FX(外国為替証拠金取引)」のトレードを推奨しています。

個別株も良いと思いますが、僕の場合は単純にFXに慣れている…という側面が強いので、FXのトレードを推奨しています。

 

FXのトレードは正しく理解する事が重要

いわゆる「ポジショントーク」といって、すでにポジションを持ってる人が、自分の優位になるように発信すること。

こういった間違った情報が多いので、FXやトレードの本質が、正しく認知されていない部分があります。

 

スタートの段階でFXの認識を間違えると大変なことになります。

 

特にトレードは「お金に働いてもらうモノ」ですから、認識を間違えていると大きな失敗に繋がったりするので注意が必要です。

 

FXのトレードで一攫千金を夢見ている人が多いかと思いますが、FXのトレードとは「資産運用」という視点で向き合うものですから、元々は一攫千金を狙うようなモノではなく、手元の資金を運用して「増やしていくもの」です。

FXはギャンブル的に一気に大きく膨らませるような投資ではないんです。

FXはボラティリティ(値幅)が大きいので「ローリスクローリターン」という類ではないのは事実ですが、それでも「ハイリスクハイリターン」の思考で参入してしまうと資金を溶かす可能性が一気に上がります。

 

元手となる資金が少ない時は攻める事も(期待値の高い場面でリスクを上げてトレードすること)も重要ですが、本質的な部分で言えば一定のラインまで資金を増やし、「ミドルリスクハイリターン」を狙うスタイルを目指すべきで、一攫千金を狙うことは絶対にNGです。

 

まずは負けない事。そして安定してプラスに持っていく事。

 

ここまでいくには努力も必要だという事をまずは理解してください。

 

FXは破産するようなリスクはほぼ無い(リスク調整は自分でできる)

これも1つの事実なので、大げさに危険をうたった記事などに振り回されないで頂きたいと思います。

基本的にFXの場合は「トレード元本」を証券会社に入金して、その「資金の範囲内」でトレードを行いますから、自己資金の枠の中での取引と言うことになります。

 

この自己資金を「余剰資金(失っても困らないお金)」で取引している限りは破産とは無縁になります。

 

FXの場合は「強制ロスカット」という機能がありますので、自己資金を超えて取引できないように設定されています。

ですから、借金を背負うような事態になる前に、証券会社側で自動的にポジション整理(資産整理)が行われるから安心だということです。

 

ただ、この強制ロスカットは「100%絶対に安全」というモノではなく、急な相場変動によってはロスカット(損切り)が間に合わずに追証(追加入金が必要な状態)が発生するリスクもゼロではありません。

 

結局は正しい理解と正しいトレードが重要

ではプラスマイナスゼロのフラットな状態でFXトレードを始めて安定させるにはどうすればいいでしょうか?

 

これに関しては「勉強するしかない」というのが正直なところです。

 

勉強して正しい知識を身に付け、勉強してトレードを深く学び、勉強してトレードが安定する努力をする・・・これしか答えはありません。

この繰り返しが大きな収益を生み出す生涯スキル「トレードスキル」として定着するわけです。

 

ではまず、最低限知っておかなければいけない「FXトレード初心者」が月利10%を目指す具体的なステップとは何が必要なのでしょうか❓。

トレードにおいて何より重要なのは・・・

自分の”性格”を知るところから始めましょう

 

あなたは面倒くさがりですか?せっかちですか?図太い人ですか??

まずは自分自身が「どういうタイプなのか?」という点を自己分析することが大切です。

 

例えば、ちょっとしたマイナスであっても大きなストレスを抱えてしまうタイプの人は、出来るだけマイナスを出さない「勝率重視のトレード戦略」を立てる必要がありますし、逆にチマチマしたトレードにストレスを抱えるタイプであれば、リスクリワード比(損失と利益の割合)に重きをおいたスイングトレード戦略を立てる必要があります。

 

相場を見てるとストレスを抱えるし時間もあまり取れないし・・・というタイプの人が、勝率50%でリスクリワード比1:2程度のスキャルピングをやるのは時間とストレスの観点から不可能に近いです・・・

 

自分のタイプを見極めていないと、体力に自信がないのにアスリートを目指したり、筋肉モリモリの人がエンジニアを目指したりします。向いてないことを鬼努力しても限界があります。

必ずプロスペクト理論を理解する

これは「投資のメンタル知識」という観点からは外せない論点です。

トレードという点でメチャクチャ簡単に解説するならば、「人は利益の確定は早くしたがるが損失の確定は避けようとする」というのが、トレードにおけるプロスペクト理論の重要な論点です。

本来であれば「損小利大」というスタイルが投資のあるべき姿ではありますが、プロスペクト理論が働くことで全く逆の「利小損大」というトレードをしてしまう・・・典型的な「コツコツドカン」というトレードですね。

 

これを知っている(意識できている)状態であれば、合理的なトレード戦略を立てる事が出来ますし、実際にポジションを持ってトレードした場合も、合理的に考えたトレード戦略に乗っ取って「機械的なトレード」を行う事ができます。

 

ですから、プロスペクト理論はトレードを行う上では必ず学んでおくべき理論なんです。

 

その上で・・・失っても怖くない余剰資金で始めること。これがスタートの段階で一番重要です。

何より、まずは「デモトレード」で何度も検証と実践を繰り返し、慣れてきたら「失っても怖くない余剰資金」でスタートしましょう。

カズ係長が使用中‼︎ 「オススメ証券口座」タイアップ特典受取りはコチラ!

失っても怖くない・・・と言うのは1万円なのか10万円なのか100万円なのか人によってバラバラだと思うので一概には言えませんが、僕の感覚としては100万円くらいまでは簡単に損切りしてしまうと思うので、失って怖くないのは「100万円まで」という事になります。

 

リスクマネジメント(資金管理)を徹底しよう

トレードにおける「最も重要なポイントは?」と聞かれたら、迷わず「リスクマネジメント(資金管理)」と答えます。それくらいこの項目は重要なポイントです。

勝率などの「手法」を重視する人が非常に多いですが、プロのトレーダー程「リスクマネジメント(資金管理)」を最優先かつ最重要項目としてとらえているの事実があります。

FXで失敗する人の特徴について(成果の出る手法の作り方)

 

なぜならトレードと言うのは「負けない(退場しない)事」が最も重要だからです。

退場さえしなければ「相場に参加し続けられる」ので勝機は残りますが、退場してしまってはゲームオーバーだから参加さえ出来なくなります。

これをしっかりと頭に刻み付けて頂いた上で、リスクマネジメント(資金管理)とは具体的にどうすればいいのでしょうか。

 

+も−も重要なのは複利。トレードは「%」で考える

 

トレードをする上で「数字」は非常に重要になりますが、多くの方は数字をそのまま捉えています。ですがトレードで重要なのは「%(パーセント)」という考え方です。

複利を「利益を常にフルベットする危険な投資法」だと勘違いしている人がいますが、複利とは「%」の考え方で「リスクコントロール」する投資法の事です。

 

これを簡単に説明するなら、「%」は理論上ゼロにならないからです。

100万円の資金の2%(2万円)を投資して負けたとします。残高は98万円ですが、次はこの残高の2%(1.96万円)を投資してまた負けたら残高は96万400円です。更にこの残高の2%を・・・と、負け続けたとしても「ゼロ」には永遠になりません。

もちろん「最低投資額」を下回れば終了ですが、複利(%)の最も優れた点は常に「適正量」でトレードできるところです。

負け続けて資金量が減ってしまった場合にも「資金に応じたベストな投資額」でトレードをすること。

 

ポジションサイジング(適切なポジション量)という論点

この「適切な資金量」のことを「ポジションサイジング」と言いますが、複利に関係なく投資額を一定にする方法です。

 

①元本10万円でも100万円でも「投資額2万円」ならずっと2万円で投資する方法。

②逆に複利と言うのは%で考えるので、投資額を「2%」と定めた場合は元本10万円なら2千円を投資し、元本100万円なら2万円を投資し、元本1,000万円なら20万円を投資する・・・という風に、元本に応じた最適な取引量でトレードする方法です。

これこそポジションサイジングであり「リスクマネジメント(資金管理)」のキモです。

トレードするならこれは絶対に覚えておいて頂きたいポイントですね。

これを理解したら次は・・・検証×検証×検証

そう。徹底した検証を行う事が重要になります。

先ほど説明した「ポジションサイジング」の事を知らないトレード初心者の方はよくおられますが、この「検証が重要」というのは多くの方が知っている事なのですが、それでも面倒くさがって「やらない」方が非常に多いです。

あなたの大切な資金を投資してトレードするわけですから、しっかりと検証を行う事は非常に重要です。

 

トレード手法の確立と検証とチャートを分析したり様々なノウハウを調べたり入手したりして「トレード手法」を確立していく事になるわけですが、その手法は本当に優位性があるのか?

これを確認する意味でも「検証」は必須ですし、出来るだけ長期間検証を重ねる必要があります。

検証を重ねていれば「自信」にもなるし、そのトレード手法の「クセ」を掴めるので、ちょっとした事では動揺しないメンタルが育つのも大きなポイントです。

 

例えば、検証中に10連敗した事があるけど大した影響もなく順調に利益を重ねていけた手法だった場合、リアルにトレードをし始めて、3連敗とかしても「動じない」わけです。なぜなら検証によってその手法は「負けるのも織り込み済」だからです。

こういう状態まで持っていってから本番環境でトレードする準備が整うわけです。

練習にオススメな証券口座⇨初心者にオススメする!1000通貨から取引ができるYJFX!

 

十分に検証を行った後は、デモトレードで実際にトレードしてみて最終チェックを完了させ、それから本番(リアルトレード)に移行するのがベストです。

それくらい石橋を叩いて渡ることが、トレードをする上では重要なのだと肝に銘じて頂きたいと思います。

 

LINE@の登録もよろしくお願いします。!(^^)!質問募集中
友だち追加

ABOUT ME
カズ係長
株と為替の取引してるオッサン。トータル年収1千万超えたブロガー兼YouTuber。FX専門雑誌掲載やセミナー講師もやっとります。自分で稼ぐ方法や資産運用の知識など「人生のプラス」になるような情報発信を心掛けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です