未分類

【堀江貴文推薦】「投資家みたいに生きろ」の書籍について…。自己投資って意味あんの?

【堀江貴文推薦】「投資家みたいに生きろ」の書籍について…。

 自己投資って意味あんの?

 

こんにちは。

金持ちを目指すけど、なかなかそっちの世界にいけてないYouTuber兼ブロガーのカズ係長です。

 

【YouTube・ブログ・Twitter・LINE@】の四刀流で
同時進行中です。

 

フリーランスが羨ましくてしょうがない。自由になりたい。!!

 

ただそこの道のりは長い。今飛び立てば貧乏フリーランスになってしまう。

 

この記事で人生に対する「お金の投資」と「自己投資」の考え方について書いていくのと、僕なりのお金のロマンを書いていきます。

 

本来であれば、WiFi環境が街中にあり、物価も安いバンコクに移住しストレスフリーな仕事をしたいが、それができるのもフリーランスの勝ち組1%だけだろう。

 

 

今日は「投資家みたいに生きろ」という本を特別面白いと思ったわけではないが、気になるフレーズはいくつかあったので紹介したいと思う。

 

 

気がつけば俺は係長になってから「金の読書」しかしていない。
とゆうか金の読書かお酒くらいしか、そもそも自分はやることがない….( ̄∀ ̄)

 

いきなり本題に斬り込むが!

 

「10億円あったら何に使う?」

こう聞かれたら、すぐに答えれる人は少ないらしい。

 

「旅行にいく!」

「家を買う!」

「車を買う!」

 

1億だと「貯金」と答える人が多いようだが、サラリーマンの生涯年収が2〜3億くらいの今…。

 

10億あれば働く義務から解放され
時間を自由に使う権限「人生のプラチナチケット」が獲得できたんだッ!

 

という事実を

 

正常な脳ミソの人は理解できることは言うまでもない。

 

ただ僕ははっきりと答える。

 

 

「9億を投資に使うとッ!」

 

 

僕はフェラーリに高層マンション、シャンパンタワーのようなヒルズパリピな暮らしには憧れはない。

ただ金を増やしたいのだ。

 

 

「金持ちサラリーマン」キャラに憧れていた。

 

 

僕は財力という言葉が好きだった。それは持ったことがない力だからだ。

 

今だ未知。

 

筋力や包容力や決断力。

 

「力」の中で限られた人しか持てないのが財力だ。

 

 

世の中は選択肢を得るのにも「お金」が必要で、何かを解決するにも「お金」を使う。

 

僕は財力を得た時、お金に群がる一般国民の表情を高みに見物しながら、上級国民と未来の話がしたいと思っている。

すごい嫌なやつだと思うかもしれないが、これが本音だ。

僕は投資でボロ負けも経験した一般国民なうだ。

 

 

上級国民の青汁王子から100万をいただき、泣いたこともある。

 

 

僕は普段サラリーマンで一杯110円の発泡酒ビールを飲み、5年前の過去を同僚と語っている。

 

過去の話は大抵愚痴であることが多い。
そこに生産性はない。それでもいい。

 

話は「過去→現在→未来」の構成が聞き手からしてもキレイだが、未来の話をすれば大半の人は金について語ると思う。

 

この本の中には投資と投機、浪費と「お金の典型的な投資理論」が書かれている。

 

僕が運営するブログが「金の思考」という名前なのは、お金目線で物事を考えたほうが最善の答えを出しやすいと思っているからだ。

 

僕はフォロワーの幸せを願っており、だからこそ
「金目線」という事を何度も言っている。

 

僕は貧乏を経験したことがない金持ちには興味がないが、貧乏から這い上がった金持ちには「チンボを出せ」と命令されればすぐに出す。

 

そこには「金持ちになるノウハウ」が必ずあるからだ。

 

どうだ!下級国民ぷりがすごぃだろう。w

 

 

金持ち達は「お金でお金を作る」という学校では教えてもらえなかったことをフツーにやっている。

 

お金でお金を作るとは「嫌!汚い!」というイメージが強いようだが、金に関する書籍は共通して、「お金にお金を働かせる」と書いてある。

 

投資に関しては興味を持ち、僕は13年続けてきた。
金持ち父さん貧乏父さんの中でも株式をすすめており、FXにも長年携わっていて思う。

 

30万を2200万まで増やした過去が僕にはある。

が…

 

【投資について絶対に伝えたいこと】リアルガチ

 

「急いで稼ごうとすると良いことがない」

 

それは小さいお金に無理をさせて働かせようとしていた自分の今と過去の経験から証明できる。

 

僕がFXだけの配信にならず「投資やお金系のブロガー兼YouTuber」でいる理由は

 

 

「トレードは労働で、しかも再現性が低い」と思っている。

 

「真似をして真似できないもの」の最上級がトレードだと思っている。

 

サッカーや野球、歌やグラフィック、様々な分野で
「真似」から入ることで成果がでることが多い。

 

ただ「トレード」は違う。真似をすると事故る。
これは断言をする!

 

いや…正確に言えば真似をしようとしているお手本にしているトレーダーが、結局はトレードをしてなかったりする。

 

嘘の発信を信じたことは投資を始めて初期の頃ほど多かった。

 

 

「投資は自分がやるより人に教えたほうが安定して稼げる」といった考えはビジネスマンとしては普通だろうが、

高級な宝石を1人暮らしの老人に売りつけてるゲスな営業マンと変わりはないと思う。

「黒い金」ならいらねー。それは思う。

 

 

僕は稼ぎ方にはこだわりたいので、成果の出ないトレードを人に押し付けたくはない。

 

結論を言うが「トレードでなく投資をしろ」ということ。

 

 

投資なら僕の周りにも成功者がいる。
自己投資でビジネスで成功した人もいる。

僕は「自己投資とお金の投資をしなければ」!!
と久しぶりにこの書籍を読んで原点を思いだした。

 

 

最終的には「文章で稼ぎ!講演で稼ぎ!投資をしながら過ごしたい」からだ。

そこに向けて自己投資をする。

 

 

トレードは労働で仕事のようであることを経験したためトレードと投資は別だと思っている。

あとトレーダーは仕事なので投資ではない!
早く気づいたほうがよい。

ABOUT ME
カズ係長
株と為替の取引してるオッサン。トータル年収1千万超えたブロガー兼YouTuber。FX専門雑誌掲載やセミナー講師もやっとります。自分で稼ぐ方法や資産運用の知識など「人生のプラス」になるような情報発信を心掛けています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です